個人・法人のホームページ作成について3つの最も一般的な誤解

次のような失敗をしていると気付いているなら、2020年のオリンピックの前になるべく早く行動してください!ビジネスが円滑に進むかどうかは、経営者のあなた次第です。

ウェブサイトは要りません

Googleは先月から「モバイルファーストインデックス」を検索エンジンに導入し始めました。世界のネットワークはますます大きく速くなり(3G、 4G、 WiFi、光ファイバー)、多くの人々がスマートフォンをカーナビとして、あるいは特別な日のプレゼントを探すために使っています。ビジネスパートナーや恋人を探すために使う人もいます。そのためには、基本的な企業情報を表示し、検索エンジン、ナビゲーションソフト、ビジネスカードをつなげるための応答性の高い一つのウェブサイトが必要です。

不正確な情報は日本市場での最も大きな失敗点の一つです。

  • ビジネスカードにGmailや携帯メールを入れること。 
    今後変わる可能性があるので、絶対にしないでください!
  • ホームページがない、あるいはプロバイダーのURLをホームページとして使うこと(pulala、ocn.ne.jpなど)。 
    ブランディングのためドメインを購入してください!
  • 時代遅れのHTMLシングルページウェブサイトは、モバイル画面できれいに表示されません。 
    SNSでシェアができるPCやスマートフォンなどで、適切に表示できるウェブサイトが必要です!

当社の最も安い「パーソナル・ブランディング」は2万円で購入できます。これは1年間のドメイン、ウェブホスティング、検索エンジンの登録が含まれています。

ウェブサイトビルダーを使っています

自分の会社のウェブ戦略を管理し、自分のペースで行いたい場合、生成的なウェブサイトビルダーを使うことは合理的で良い選択です。もう少し速く適切な方法でウェブ戦略を勉強したい場合は、プラットフォームでウェブの知識を勉強することができます。しかしこれは長期的に見るとWordpressのソリューションを使用するより高くなる可能性があります。

Wixのようなツールで簡単にInstagramの情報をホームページに直接表示することは、日本でよくある間違いです。ほとんどの場合は、通常のリンクで十分です。コミュニティーやファンクラブを作るのは、ドラッグ&ドロップとは違いとても大変です!あなたが一人なら、このようなビジネスに価値がないものに気を付けましょう!

当社の次のレベルのソリューションは「スモールスタート」です。6万円から提供しています。このソリューションでは必要なものがすべて手に入り、今後の顧客のためにコンテンツに集中することができます。

全て自分で出来ます

ウェブサイトが完了後はすべて自分で管理できますが、ユーザーのための何かを作成する前にしなければならないことがたくさんあります。例えば、情報アーキテクチャ、ワイヤーフレーム、デザイン、開発、マーケティング、セールスなどです。成功した人の多くは短期的な目的を達成した後、五泉IT(ごせんIT)のようなウェブの専門家に頼ります。

「ダイレクトマーケティング」を意味する「マーケティング」は、あいまいな言葉です。Amazonで商品を販売するといった、短期間で高い利益を得るために個人で技術を使用することは、経営し従業員を雇うこととは異なります。このようなビジネスの役に立てるよう、インムウェブル・タイムとそのネットワークを通して、ウェブに関する支援や専門知識を低価格で提供しています。

当社の多目的ソリューションである「ビッグステップ」は11万円から提供しています。オンライン活動の一貫性があり、最も重要なものに習熟できます。

平均: 5

0 Comments

Add Yours →

コメントを残す