6月11日の「Google Maps Platform」更新について

最近「新価格と製品への変更が 2018 年 6 月 11 日より適用されます。詳細については、既存ユーザー用ガイドをご覧ください。」というお知らせがずっとサイトのヘッダーに表示されています。ユーザー用ガイドとは?わかりやすくて纏めてみました。

グーグルマップの共有ボタンから生成された HTML(iframeタグのコード)は、今回の内容で影響を受けません。

https://support.google.com/maps/answer/144361
同じようにiframeで埋め込みを行い、Google Maps Embed API を使用されている場合には、影響を受けます。

https://cloud.google.com/maps-platform/user-guide/?hl=ja 
ユーザーガイドは複雑ですからご案内の記事の説明を 
書いたほうがいいと思いました。どうぞよろしく。

目次:

  1. ご注意ポイント
    1. ポリシーについて
    2. 使用料金について
  2. お手続きのご案内
    1. APIのキーの作成
    2. 請求先アカウントの設定
    3. 使用分の上限の変更
  3. Google Mapの代わり

1. ご注意ポイント

1-1. Googleのポリシーについて

Mediumの記事にフランス人「Christian Quest」が教えてたとおり 
2点の大きな注意ポイントをご覧ください:

  • Googleプロダクトの特徴を同じように作るのは禁止されてます。 
    例えばやりたいことによって、必要なければGoogleのサービスを使用するたびに申し込んで関連なAPIとカスタマイズする開発流れです。 「Street View」の自社フレームワークであっても使用できません。
  • Googleから頂いた情報のはGoogleプロダクトと一緒に使用するべきです。 
    例えばGoogle APIのおかげで検索した場所の緯度・経度情報は基本的にGoogle Mapと作成した地図にしか表示できません。 マイクロソフトのBingや特別なマップサービスには使用できません。

1-2. 使用料金について

フリーウェアの様な使い方は終了しました。 
今回有料プランばかりなので
Google Consoleにお支払い情報を設定しなければなりません。
 
これは後でご案内しますので先に新価格の注意ポイントを説明したいと思います。

今回毎月Googleから「200$」の無料使用分を頂きますので 
月200$以下の使用分の場合はまだ「0$」になります。(無料)

「200$」は自由に使用することができますので 
地図のタイプによって、値段が変わります。

例)お客様Aさん、サイト内のアクセスページで 
Google Map APIの 地図一枚を読み込だ場合。 
(動的マップ) 

プランを比べると:

  • 無料使用分の上限が少なくなりました。 
    現在:「一日最大25000ロード」 
    今回:「一ヶ月最大28000ロード」(200$) 
    => ~30分の1!
  • 有料使用分が高くなりました。 
    例)上限後に動的マップの1000回あたりの料金: 
    現在:「0.5$」 
    今回:「7$」 
    => 14倍!

例えば無料使用分の上限に近いようなら 
(一日最大25000ロード)今回の値段を 
概算しましょう:

  • 1日: 175$ (25000ロード数 X 7$ / 1000ロード)
  • 一ヶ月:~5337$(一年で大体月に30.5日) 
  • 会計: ~5000$(200$の無料使用分を外す後)

サイトのロード数が多くて、Googleから大きな割引を頂いても 
今まで無料なのに何千ドルの請求額になってしまいます、、、 

それぞれのプランによって、気をつけなればならない事を紹介したいと思います:

現在プロプランを使用している人 
使用料金が高くなる可能性が高いので速目に 
Googleのサポートやウェブ製作会社に連絡して、 
新しい見積もりを確認する事をオススメします。

現在フリープランを使用している人 
サイトへのアクセス数とGoogle Mapのロード数は 
違いますのでお客様からアクセス情報を頂いて、 
有料使用分を推計します。 

「Google Maps Platform」更新について、 
お手続きのご案内が書いてあります:APIキーの作成、 
請求書のアカウントの作成、上限の調整と簡単に説明しております。
 
請求書のアカウントを作成しない場合はGoogle Mapを使用できなくなります。 
上限の設定を調整する場合は使用料金が高くならないようにできます。
 
まだ間に合いますのでお困りのお客様はご連絡頂ければと思います。

2. お手続きのご案内

2-1. APIのキーの作成

現在のAPIではキーを使用ぜずには可能なので今回はAPIキーが必要くなります。
APIキーを設定する方法記事が多いのでGoogleを検索頂ければと思います。

2-2. 請求先アカウントの設定

簡単に設定できるようにGoogleが「移行ツール」のウィザードを作りました。 
直接に Google Consoleへ行って「請求先アカウント」を作っても構わないです。

① 移行ツールへ

「承認」のボタンを押す。

② プロジェクトの選択

プロジェクト一個の場合は「請求先を追加」をこのままで押す。

③ 請求先アカウントの設定

まだアカウントがない方にはお知らせが表示されるはずです。
「請求先アカウントの作成」の青いリンクを押してください。
アカウント名を入力する。
覚えやすい言葉を選べはいいので請求書に影響ありそうです。
通貨の関連な確認
支払いの関連情報

クレジットカードで毎月の自動支払いしか選択できないのでもしかして今の日本とGoogleの関係、paypal、stripe、コンビニ、銀行の口座からなどの特別なお支払い方法がないと考えます。

クレジットカードで毎月の自動支払いしか選択できないのでもしかして今の日本とGoogleの関係、paypal、stripe、コンビニ、銀行の口座からなどの特別なお支払い方法がないと考えます。

2-3. 使用分の上限の変更

「割り当て」のタブをクリックする
「Maps load per day」の鉛筆アイコンをクリックする。
「上限」を無料の使用分にあわせる。

API1個の場合はこれでお終いです。
別のAPIを使用するなら無料使用分より低い上限を設定してください。
 
検査方法が分からないお客様は【五泉IT】にお任せください!

3. Google Mapの代わり

「Open Street Map」に切り替えませんか?お問い合わせください

平均: 5